AMOMAマタニティオイルの保湿力は?

AMOMAマタニティオイル

妊娠するとどんどんおなかが大きくなるため、その急激な体型の変化についていけず、妊娠線ができることがあります。

 

この妊娠線を予防するためには保湿ケアを念入りに行う必要があります。この保湿ケアは、専用のクリームやオイルで行い、オイルの方が保湿効果が高いと言われています。

 

妊娠線予防オイルのAMOMAマタニティオイルの保湿力について、詳しく解説していきます!

 

AMOMAマタニティオイルの保湿力は?

AMOMAマタニティオイルは、マタニティ専門のアロマセラピストが妊娠中の肌に必要な栄養成分を含んだオイルのみを厳選して配合しているので、妊娠中の敏感な肌に、とても効果的な高い保湿力を持っています。

 

妊娠線専用のオイルで、予防に必要な保湿力の高く、肌なじみの良いオイルのみを使用しています。AMOMAマタニティオイルは乾燥を防ぎしっかりと保湿を行ってくれるだけでなく、肌の柔軟性も保ってくれるので、急激な体型の変化にも耐えられるしなやかで潤いのある肌を作ってくれます。

 

妊娠をしたら、早めにマタニティオイルでの妊娠線予防のケアを行うことが、産後も美しい肌を保つためにとても大切なことです。

 

マタニティオイルとマッサージで妊娠線を予防

妊娠線は、急激な体型の変化に肌が伸びきれなくなり、真皮層に亀裂が生じる事によってできるものです。そのため、妊娠線を作らないようにするためには、肌の柔軟性がとても大切になります。

 

乾燥しないようにオイルで保湿ケアを行っている時に合わせてマッサージを行うことで、血行を促進させ、肌の柔軟性を高めることができます。AMOMAマタニティオイルの抜群の保湿力と丁寧なマッサージで妊娠中の敏感肌もしなやかで潤いのある状態を保つことができます。

 

AMOMAマタニティオイルはベタ付かないの?

AMOMAマタニティオイルは、母乳のつまりや母乳不足に効果のあるハーブティーのメーカーのAMOMAが、妊娠中にできる妊娠線を気にするママたちのために作ったオイルです。

 

オイルということでベタ付きが気になる方もいると思いますが、AMOMAマタニティオイルはママ達の気持ちに寄り添い、企業努力により、問題点を解決した画期的なオイルなのです。

 

AMOMAマタニティオイルの成分と特徴

妊娠線を含めて妊娠期のスキンケアに一番重要なのは保湿です。

 

保湿力はローション、クリーム、オイルの3つを比べた場合。オイルがダントツに高いのです。しかし、オイルを使う時に気になるのが「ベタ付き」です。AMOMAマタニティオイルは、ハーブティーで有名なメイカーであるAMOMAが、妊娠中のママたちの声に応えて、開発したベタ付かないオイルなのです。

 

マタニティアロマセラピストとして有名な浅井貴子さんの秘伝のレシピを基に、ライスオイルとマカデミアンナッツオイルを中心に、天然由来の成分のみで作られた、ママとお腹の中の赤ちゃんに優しいオイルなのです。

 

AMOMAマタニティオイルの使用上の注意

とても優しいAMOMAマタニティオイルですが使用上の注意があります。

 

AMOMAマタニティオイルには精油が使われています。そのため、肌の弱い方は、使用前に必ずパッチテストを行うことをお勧めします。また、小さなお子様のいるご家庭の方は、絶対にこのオイルを、お子様には使わないでください。小さなお子様の肌はまだまだ弱く、非常に敏感なのです。そのため、このオイルはお子様には強すぎるのです。

 

以上のことから、AMOMAマタニティオイルは、肌の弱い方や小さなお子様がいる方にはおすすめできません!

 

肌の弱い方や小さなお子様がいらっしゃる方には、赤ちゃんにも使うことができる、こちらの妊娠線クリームがおすすめです!保湿力もオイルに負けないぐらい高いので、安心して使うことができます!

 

赤ちゃんにも使える妊娠線クリームはこちら