妊娠線予防クリームはボディクリームとしても有効!?

妊娠線予防クリームはボディクリームとしても有効!?

妊娠すると急激にホルモンバランスが変化します。妊娠初期は特に黄体ホルモンの分泌が多くなりますので、お肌が乾燥することが多くなります。

 

お肌の乾燥を放置すると妊娠線がくっきりと出てくるようになりますので注意しましょう。

 

妊娠線予防クリームは、乾燥しやすい妊婦さんのお肌をしっかりと保護してくれる優秀なアイテムですが妊娠線予防クリームはボディクリームとしても使用出来るのでしょうか?

 

妊娠線予防クリームの重要性

妊娠初期の黄体ホルモンの過剰分泌によって、お肌は乾燥していきます。

 

そんな状況の中、お腹が大きくなっていけば、急激な伸びに耐える事が出来ない皮下脂肪や皮膚は破裂していきます。結果、妊娠線が生じるようになります。妊娠線が一度出来ると赤ちゃんを産んだ後も体に残り、二度と消える事はないと言われています。

 

また、妊娠線はお腹だけではなく、バストやお尻、太腿など脂肪がつきやすい場所であれば生じる事があります。ですので、妊娠線予防クリームは全身に塗っておくことがベストです。

 

そして、妊娠線が出来てしまう前にしっかりと塗っておくことが大切です。

 

妊娠線予防クリームは数多くありますがその中でもオススメなのが葉酸を配合している妊娠線予防クリームです。

 

葉酸には、細胞分裂を促す働きがあります。これにより、お肌の新陳代謝がアップして、お肌のバリア機能が高まる事で、乾燥肌が改善されていきます。

 

また、葉酸には造血作用がある為、血行が良くなることでもお肌の新陳代謝が活発になりますので、是非葉酸配合の妊娠線予防クリームを使ってみてくださいね。

 

ボディクリームとしての使用は可能?

効果的に妊娠線を予防してくれる葉酸配合の妊娠線予防クリームは、ボディクリームとして使用しても効果が得られると言います。

 

妊娠していない女性には、妊娠線予防クリームは必要ないと思いますが妊娠線予防クリームには、一般の方がお使いになる一般的なボディクリームより質が高いですので、妊娠していない方にも実は大変、オススメなのです。

 

葉酸には細胞分裂を活発にする作用がある

前段でお話した通り、葉酸には細胞分裂を活発にする作用があります。

 

結果、古い肌細胞がスムーズに剥がれ、新しい肌細胞が作られるターンオーバー(新陳代謝)が高まって、バリア機能がアップしますので、しみやしわ、たるみなどのない美しいお肌を長く保つことが出来るようになります。

 

顔、体、全てのお肌の乾燥がストップされ、ハリと潤いのあるお肌となりますので、妊娠線を予防したい!という人にはもちろんですが美しいボディになりたい!と言う人も是非、妊娠線予防クリームをボディクリームとして使ってみてください。

 

葉酸配合の妊娠線予防クリームをお使いになるとその美容効果に驚かれることでしょう。

 

妊娠中は、葉酸の摂取は必須ですよね。葉酸含有の妊娠線予防クリームをお使いになればお腹の赤ちゃんの正常で健康な成長もサポートしてあげることが出来ます。

 

敏感肌になりやすい妊婦さんでも毎日、安心して使えるように多くの妊娠線予防クリームは低刺激となっているのも魅力ですよ。

 

葉酸配合のコスパ抜群の妊娠線予防クリームはこちら

 

関連ページ

妊娠線を予防&妊娠線を一時的に解消する方法って?
妊娠線は、急激にお腹が大きくなることで、皮膚の下にある真皮や皮下組織がそれに対応しきれず皮膚が大きく伸ばされて、コラーゲン繊維が破裂してしまうことで起こります。妊娠線が出てしまった場合、見た目が気になるようになりますから好きなファッションを楽しめなくなったりすることも多くなります。 そこで今回は妊娠線を予防する方法&一時的に妊娠線を解消する方法についてご紹介したいと思います。