妊娠線を予防&妊娠線を一時的に解消する方法って?

妊娠線を予防&妊娠線を一時的に解消する方法って?

妊娠線は、急激にお腹が大きくなることで、皮膚の下にある真皮や皮下組織がそれに対応しきれず皮膚が大きく伸ばされて、コラーゲン繊維が破裂してしまうことで起こります。

 

妊娠線が出てしまった場合、見た目が気になるようになりますから好きなファッションを楽しめなくなったりすることも多くなります。

 

そこで今回は妊娠線を予防する方法&一時的に妊娠線を解消する方法についてご紹介したいと思います。

 

妊娠線クリームが妊娠線を消す理由とは?

妊娠線は一度出来ると完全には戻らないと言われていますが妊娠線を改善してくれるクリームなどを使えば、薄く目立たなくさせることは容易です。

 

妊娠線クリームが一体、なぜ妊娠線を消してくれるのでしょうか?

 

その理由は、妊娠線クリームには保湿成分が豊富に配合されているからです。妊娠線は、皮膚の下にある真皮や皮下組織などが乾燥することで、出来やすくなります。つまり妊娠線の大敵は乾燥なのです。

 

お肌の奥までしっかりと潤いとハリがあれば、大きくなるお腹に皮膚が引き伸ばされて、コラーゲン繊維が切れるということはありませんので、妊娠線クリームに入っている保湿成分をしっかりとお肌の奥まで浸透させてあげることが大切です。

 

妊娠線クリームが脂肪を燃焼してくれる?

また、脂肪を燃やしてくれる成分が配合された妊娠線クリームもありますので、妊娠線だけではなく、脂肪まで解消してくれますので、体重が気になるママさんには特にオススメです。

 

妊娠中に急激に脂肪が増加すると産後に妊娠線の痕がくっきりと残りやすくなりますので、お腹だけではなく、ヒップやバスト、太腿など脂肪がつきやすい場所もクリームでマッサージしながら脂肪を落すように努めましょう。

 

妊娠線予防には、毎日、欠かさずケアをすることが大切です。妊娠線クリームは、コストパフォーマンスにも優れていますので、毎日、欠かさずケアを行っても金銭的に負担となることが少ないのも魅力です。

 

一時的に妊娠線を消すには?

妊娠線を今すぐに消したい場合は、一時的な方法となりますがボディコンシーラーを使うと良いでしょう。顔のクマやくすみを消すコンシーラーは有名ですがボディコンシーラーは、その名前の通り、体のくすみなどを消すアイテムです。

 

顔と同じように体も綺麗に整えたいという女性は近年、増加傾向にある為、このようなアイテムも続々と登場しています。ボディコンシーラーは、現在、様々なカラーバリエーションがありますので、きっとご自分のお肌に合ったコンシーラーが見つかる事でしょう。

 

ご自分のお肌の色にベストなコンシーラーであれば妊娠線はしっかりと消えてくれます。ボディコンシーラーを手のひらで温めて塗るとお肌と馴染みやすくなって、より妊娠線はしっかりと消えてくれます。

 

水やお湯に濡れてしまうとコンシーラーはすぐに落ちてしまいますので、濡れないように注意しましょう。あくまでも一時的な方法となりますので、外出する時だけ活用する方が良いかと思います。

 

関連ページ

妊娠線予防クリームはボディクリームとしても有効!?
妊娠すると急激にホルモンバランスが変化します。妊娠初期は特に黄体ホルモンの分泌が多くなりますので、お肌が乾燥することが多くなります。お肌の乾燥を放置すると妊娠線がくっきりと出てくるようになりますので、注意しましょう。妊娠線予防クリームは、乾燥しやすい妊婦さんのお肌をしっかりと保護してくれる優秀なアイテムですが妊娠線予防クリームはボディクリームとしても使用出来るのでしょうか?