Dolci Bolle(ドルチボーレ)は妊娠線ケアにも効果あり?

Dolci Bolle,ドルチボーレ,妊娠線ケア

Dolci Bolle(ドルチボーレ)

Dolci Bolle(ドルチボーレ)は、赤ちゃん用のスキンケア商品として販売されており、ベビーソープやベビーローションとして使用するのがメインです。

 

そんな、赤ちゃんのお肌を守るために開発された、お肌に優しく保湿効果抜群です!

 

Dolci Boll(ドルチボーレ)は、妊娠線ケアにも効果が期待できるって本当なのでしょうか?

 

Dolci Bolle(ドルチボーレ)は妊娠線ケアにも効果あり?

赤ちゃんは汗をよくかき、肌の新陳代謝が活発です。

 

それゆえ、肌の汚れをキレイにするとともに、適切な保湿ケアを施す事が大切になります。

 

入浴時はドルチボーレのベビーソープなどで汚れた皮脂を洗い落とし、入浴後はDolci Bolle「ミルキーベビーローション」でしっかりケアする事が良いと言えます。

 

これは、妊娠線ケアにも効果的です。

 

さらに、赤ちゃんにも仕えるということは、お肌にも優しいため、敏感肌の方でも安心して使うことができるのです。

 

肌に優しい天然水配合

健康な肌には、本来バリア機能が備わっており、水分を保持したり外部からの刺激を防いだりします。

 

その役割を担っているのが、細胞間脂質と天然保湿因子と呼ばれるもので、赤ちゃんの段階では、まだ未熟になっています。生後3ヶ月を過ぎると、皮脂分泌は減少するので、適切な肌ケアが必要になってくるわけです。

 

その為には、潤いとなる水分に加えて、保湿効果のある油分を施す事が大切になるといえます。

 

そのために開発されたのが、ドルチボーレの「ミルキーベビーローション」です。

 

ベースには「天使の希水」と呼ばれる非加熱天然水が使用されており、赤ちゃんの肌に優しくなっています。

 

高い保湿効果

ドルチボーレの「ミルキーベビーローション」には、ヒト型セラミドのうち、肌の潤いを保つ効果の高い3種類のセラミドを選んで配合されています。

 

また、ヒアルロン酸よりも保湿効果が高いヒアルロン酸ジメチルシラノールも配合して、保湿効果をサポートしています。潤いを閉じ込めるベールとしては、人間の肌の皮脂に最も近い成分の馬油を配合しています。さらに、シアバターも配合されているので、より保湿効果が高まっています。

 

こうした高い保湿効果を持っているので、乾燥が原因にもなる妊娠線の予防にも役立つわけです。

 

ドルチボーレミルキーベビーローションの特徴は?

赤ちゃんの肌はまだバリア機能が弱いため、なにかとトラブルに見舞われやすいもの。そのためベビーローションでケアしているというお母さんも多くいるでしょう。

 

ですがデリケートな赤ちゃんの肌に使うものだけに製品選びにも気を遣うのではないでしょうか?

 

その点、ドルチボーレミルキーベビーローションなら無添加なので安心。そして実は妊婦さんにとってもうれしい特徴のあるローションなのです。

 

妊娠線予防ができるベビーローション!?

お腹が急激に大きくなると目立ってくるのが妊娠線。一度できたら消えにくいものなので、あらかじめ予防しておきたいものです。妊娠線ができる原因の一つには肌の乾燥もあるため、予防のためには保湿ケアが重要になってきます。

 

ドルチボーレミルキーベビーローションには高い保湿効果を持つ成分が含まれており、妊娠中の肌の乾燥を防ぐことができます。うるおいをたっぷり含んだ肌はやわらかく、新陳代謝も活発に行われるため妊娠線ができにくくなります。

 

毎日のケアでしっとりすべすべの肌をキープ。なるべく早い時期からケアをスタートすれば安心ですね。

 

肌にやさしい無添加だから家族みんなのスキンケアに!

ドルチボーレミルキーベビーローションは、合成香料や着色料、鉱物油など8種類の添加物を使用しない無添加製品です。だから赤ちゃんはもちろん、敏感肌の大人の方も安心して使えます。

 

ベースには天然の希水を使用、肌の成分に近いヒト型セラミドや皮脂に近い馬油・シアバターを配合するなど、成分もやさしさにこだわったものだから安心です。お母さんは産前産後のスキンケアに、お父さんは髭剃り後のフェイスケアに。

 

皮脂の少ない高齢の方のスキンケアにも最適。家族みんなで使うことができますので、一家に1本置いておきたいローションです。