妊娠腺の原因を知ろう!

妊娠腺,原因

妊娠線の原因を知ろう !

妊娠によって起こるおなかの肉割れである妊娠線ですが、この妊娠線の原因は、妊娠中には避けられない体重の増加によって起こります。

 

お腹などが急激に大きくなる為、皮下脂肪の伸びがお腹周りの成長についていけず、亀裂が生じて肉割れが起こってしまうのです。

 

ただ、この妊娠線は何もケアしなくてもできなかったという妊婦さんもいらっしゃいます。これらの妊婦さんは妊娠線が出来にくい人だった可能性が高いです。

 

一方、妊娠線出来やすい人は、皮下脂肪が元々厚いという方や双子や三つ子などの多胎妊娠をされている方は出来やすくなってしまいます。

 

妊娠線ケアはいつから?

妊娠線は出来る前にできればケアをしておきたいものですから、遅くても妊娠4ヶ月から意識してケアを行っていくと良い結果を得られることでしょう!しかし、うっかり妊娠線ができてしまったという方は、妊娠線を薄くする方法がおすすめです。

 

妊娠線予防クリームでしっかり保湿しながら、マッサージをすることによって少しでも薄くする事が期待できます。もちろん一度に綺麗に消えるということは難しいですが、少しずつ薄くなっていく事を実感できる事でしょう!

 

肌の乾燥こそが、肉割れである妊娠には大敵です。妊娠線予防クリームを使えば、今後できるかもしれない妊娠線の予防にもつながりますし、できてしまった妊娠線を目立たなくさせていく事ができるでしょう。

 

関連ページ

妊娠線の原因&対処法って?
妊娠線に対処するためには、妊娠線の原因を知る必要があります。ここでは、妊娠線の原因と対処法について解説していきます!