高齢の方が妊娠線ができやすいって本当?

高齢, 妊娠線, できやすい

高齢の方が妊娠線ができやすいって本当?

都市伝説的に高齢妊娠の場合は妊娠線ができやすい噂を聞きますが本当はどうなのでしょうか?

 

妊娠中の人だけでなく、これから妊活する人にとっても気になる情報です。
そこで本当に高齢妊娠は妊娠線ができるのか?

 

妊娠線ができやすい人の特徴等を考察していきます。

 

また対処法はクリームだけで大丈夫なのかどうかも踏まえて他にも対処法がないのか調査していき妊娠時の参考になれば幸いです。

 

女性にとって美ボディを維持する大事なポイントかもしれません。

 

ズバリ妊娠線はどんな人ができやすい?

 

ズバリ妊娠線ができやすいかどうかに年齢は直接関係ありません

 

妊娠線ができるメカニズムは皮膚の奥の真皮がお腹の皮膚の伸びについていけずに断裂する為に起きます。

 

確かに20代の妊婦に比べて35歳以上の高齢出産と呼ばれる人は肌が乾燥して皮膚の弾力もなくなっているので比較すれば高齢妊娠の方ができやすいと言って良いです。

 

しかも経産婦は回数を重ねる毎にお腹も大きくなる傾向が強いので、経産婦が多くなる35歳以上の場合は妊娠線ができやすいと言われる所以になります。

 

妊娠線ができにくい人は率直に言うと皮膚が伸びやすい人で年齢が若いからではありません。

急激に太ったり痩せたりを繰り返しているのに皮膚がたるまない人はまさに皮膚が伸びやすい人になります。
また肌が乾燥して皮膚の弾力がないと伸びず、乾燥や肌荒れを起こしやすいアトピー体質の人は注意した方が良いです。
また妊娠時に体重の増加が12キロ以上では妊娠線のリスクが高まり8キロ未満だった人と比べて妊娠線ができやすい点が特徴として挙げられます。

 

妊娠線の対処法は何があるのか?

 

妊娠線の対処法として妊娠線予防クリームがまず頭に浮かびます。

 

ではクリームの何が良いのでしょうか?

 

予防クリームの殆どは保湿効果が非常に高く、乾燥による皮膚のダメージを和らげ肌の弾力を維持する効果が抜群です。

 

またクリームを塗る時にマッサージをすると血行促進効果が高まり、効果が倍増します。

 

予防クリームはお腹が大きくなる前の妊娠初期から塗ると予防効果が上がるのでお勧めです。

 

乾燥肌や高齢妊娠など妊娠線のできやすい特徴をもった人は妊娠中の体重管理が一番の対処法になります。

 

クリームを塗って予防していても皮膚の伸びが急激であれば効果を得る事は難しいです。

 

体重の増加をできるだけ緩やかにし、急激にお腹が大きくならないように食事と運動に気を付けます。
体重管理する事で妊娠高血圧症候群などのリスクも抑える事ができるので、ストレスを感じない程度に体重管理をキッチリと行うべきです。

 

急激にお腹が大きくなってもクリームを塗る事で妊娠線を最低限に抑える事ができるメリットがあります。

関連ページ

高齢出産の人が妊娠中に注意すべきポイントは?
高齢出産で妊娠中に注意すべきポイントを知りたいという方も多いです。近年は、出産年齢も高くなり、それに伴いリスクも高くなっているのも事実です。まず流産や早産などのリスクも高いため、まず注意すべきポイントをしっかりと抑えておくことで、安心した妊娠期を過ごすことができますし、心身ともに穏やかな日々を過ごせるため、母体も安定した期間を過ごすことは何より重要になります。高齢出産の場合、妊娠中は無理せず過ごすことは大事です。
高齢出産にはどんなリスクがあるの?
現在では女性も社会進出するようになってきたため、晩婚化も進み高齢出産をする夫婦も増加傾向にあります。高齢出産とは、一般的に35歳を過ぎてからの出産の事を言います。高齢出産の場合、母体と胎児に様々なリスクな伴ってくる事はよく知られている事ですが、実際にはどんなリスクが潜んでいるのか知らないという人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、高齢出産に伴ってくる代表的なリスクについて詳しくご紹介します。