高齢出産にはどんなリスクがあるの?

高齢出産, リスク

高齢出産にはどんなリスクがあるの?

現在では女性も社会進出するようになってきたため、晩婚化も進み高齢出産をする夫婦も増加傾向にあります。

 

高齢出産とは、一般的に35歳を過ぎてからの出産の事を言います。

 

高齢出産の場合、母体と胎児に様々なリスクな伴ってくる事はよく知られている事ですが、実際にはどんなリスクが潜んでいるのか知らないという人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、高齢出産に伴ってくる代表的なリスクについて詳しくご紹介します。

 

高齢出産の代表的なリスク

 

年齢を重ねる事で、精子や卵子の質は下がってしまいます。
そのため、受精や着床をする確率も低くなるのです。

 

また妊娠しにくいために人工授精や体外受精などのいわゆる不妊治療を行ったとしても、成功する確率も低いです。
そのため避妊をしないで性行為をして1年経ったのに妊娠しない場合には、早めに産婦人科の医師に相談した方がいいでしょう。

 

他にも、高齢出産には染色体異常児が生まれるリスクが高まる事も分かっています。

 

染色異常児が生まれる可能性が高くなる原因の一つには、卵子の老化が考えられています。
卵子や精子が老化する事で、染色体に異常をきたしてしまう可能性が高くなり、胎児に異常が発見される事もあるのです。

 

染色体異常が起こった際の由来は父親側で20%、母親側で80%とされています。
女性は、生まれた時にすでに卵子の数が決まっているのです。

 

そしてそれらは年齢を重ねると同時に、卵子自体も老化していくため、高齢出産ではリスクが高まるのです。

 

年齢が高くなるために起こるリスク

 

高齢で妊娠をすると、母体にも負担がかかってしまい体調不良を起こしやすくなったり、病気になりやすくなるのです。

 

多くの方が経験しているのは、血圧が高くなったりたんぱくが尿にでたり、むくみが生じやすくなったりする事です。
それらの事が悪化してしまうと、帝王切開になる可能性も高くなるため、気をつける必要があります。

 

また年齢を重ねる事で、卵巣や血管の機能が低くなってしまい、妊娠高血圧症候群に発症してしまいやすくなります。

 

他にも流産や早産や切迫流産や切迫早産になる可能性が高くなる事もあります。
それは、常位胎盤早期剥離が起きやすいのも原因の一つになっています。

 

後々後悔してしまわないためにも、高齢出産のリスクをしっかりと知っておき、夫婦でしっかりと話し合う事がとても重要にあんります。

 

また妊娠や出産にはホルモンのバランスも非常に重要になってきますので、規則正しい生活を心掛けて、食生活にも気をつけるようにしましょう。

 

PR:ノビルン 評判

関連ページ

高齢の方が妊娠線ができやすいって本当?
都市伝説的に高齢妊娠の場合は妊娠線ができやすい噂を聞きますが本当はどうなのでしょうか?妊娠中の人だけでなく、これから妊活する人にとっても気になる情報です。そこで本当に高齢妊娠は妊娠線ができるのか?妊娠線ができやすい人の特徴等を考察していきます。また対処法はクリームだけで大丈夫なのかどうかも踏まえて他にも対処法がないのか調査していき妊娠時の参考になれば幸いです。女性にとって美ボディを維持する大事なポイントかもしれません。
高齢出産の人が妊娠中に注意すべきポイントは?
高齢出産で妊娠中に注意すべきポイントを知りたいという方も多いです。近年は、出産年齢も高くなり、それに伴いリスクも高くなっているのも事実です。まず流産や早産などのリスクも高いため、まず注意すべきポイントをしっかりと抑えておくことで、安心した妊娠期を過ごすことができますし、心身ともに穏やかな日々を過ごせるため、母体も安定した期間を過ごすことは何より重要になります。高齢出産の場合、妊娠中は無理せず過ごすことは大事です。