メイドバイマクリーム

メイドバイマクリーム, 正中線対策

メイドバイマクリームで正中線対策できるの?

メイドバイマクリームは、正中線対策専用のスキンケア用品です。

 

顔につける美白スキンケア用品は、お腹の皮膚には浸透しにくいです。
メイドバイマクリームは、お腹の皮膚に浸透しやすいように工夫がなされた商品になっています。

 

正中線は、メラニンの生成が原因で起きる色素沈着によるものです。
そのため、メイドバイマクリームには、メラニンの生成を抑える成分や、黒ずみを薄くする成分が含まれています。

 

また、保湿成分も配合されているから、肌のターンオーバーも促すことができて、正中線対策に効果的です。

 

そもそも正中線ってなに?妊娠線とはちがうものなの?

妊娠線という言葉は、聞いたことがある人も多いでしょう。では、正中線とはいったいなんなのでしょうか。妊娠線と正中線は似ているけれど、実はまったくちがうものなのです。

 

妊娠線はお腹を中心に、太ももやお尻に波うったような赤黒い線がでます。妊娠線は別名肉割れともいって、妊婦さんだけにでるものではありません。

 

お腹や太ももなどの皮膚は、伸縮性があまりありません。そのため、急激に伸び縮みすることに肌はついていけなくなります。そして、肌の奥深くにある真皮層に亀裂がはいり妊娠線がでます。

 

これに対し正中線は、おへそを基点として縦に茶色っぽい線がはいります。自分がまだ赤ちゃんだったころ、細胞分裂をしたときにできた名残なのです。これは、性別に関係なくあるものです。

 

女性は妊娠すると女性ホルモンなどのバランスが、妊娠前と比べると少しずつ変化していきます。その結果メラニンが生成されやすくなり、正中線が目立つようになります。

 

正中線を消す方法とは?

 

正中線は、妊娠することで女性ホルモンのバランスが変わることによってでるものです。
出産してから、数ヶ月~1年ほどでホルモンのバランスは落ち着いてきます。それに伴い、正中線も少しずつ薄くなっていきます。

 

正中線は消えていくとはいえ、線がはいっているのは気になるものですよね。

 

気になる正中線を消す方法はいくつかあります。まずは保湿をすることです。保湿をすると、肌のターンオーバーが正常に促されるようになります。そうすると、肌は新しい細胞に生まれ変わりやすくなって、色素沈着している肌が少しずつはがれ落ちていきます。

 

保湿に使うスキンケア用品に、葉酸が含まれているものを用いるとなお効果的です。葉酸には、肌の代謝をよくする成分が含まれているとされています。

 

また、美白成分が配合されている商品を使用することもいいでしょう。正中線は、メラニンが生成されたことによって起きる色素沈着が原因によるものです。美白できる化粧品なら、メラニンの生成を抑える成分が含まれています。

 

正中線と妊娠線のケア方法って違うの?

 

妊娠してお腹が大きくなってくると、正中線や妊娠線といった気になるラインが出てきます。いち早く消したいと思っている方も多いでしょう。実はこの2つの線は、それぞれ違う原因によって起こる別物です。

 

正中線はメラニン色素の蓄積によって現れるのに対し、妊娠線は真皮や皮下組織の断裂によって発生します。原因が違うので、ケアする時期や方法についてもそれぞれ異なります。そんな正中線と妊娠線の違いとケア方法について紹介します。

 

正中線のケア方法

 

正中線は、妊娠した時におへそを中心として縦に走る1本の線のことです。元々胎児の頃に細胞分裂した時の名残で、男女関係なく元から持っているものです。妊娠していない状態であれば気づかないような薄さですが、妊娠によるホルモンバランスの変化によりメラニン色素が蓄積されることで、正中線が目立って見えるようになります。

 

正中線は、妊娠20週前後に現れることが多いです。ホルモンが影響しているため個人差があり、早いうちに出る方もいれば、目立たないまま終わる方もいます。発生を防ぐことは難しく、出産後のケアが重要になります。

 

出産後、正中線は徐々に薄くなり、約半年から1年かけて消えていきます。

早く消したいという方は、肌の新陳代謝を促進させると良いでしょう。

 

メラニン抑制成分や保湿成分が入ったクリームによるケアが有効です。

 

お腹を保湿することで細胞の代謝が促されます。葉酸も新陳代謝を促す効果があるとされ、配合されているクリームを選ぶと良いです。

 

妊娠線のケア方法

 

妊娠することでお腹が急に大きくなると、伸びにくい真皮や皮下組織に亀裂が入ってしまいます。赤紫色の線となって現れるのが妊娠線です。乳房や太ももにも起こる可能性があります。

 

妊娠線は一度できてしまうと、完全に消すことが難しいので、予防しておくことが重要です。特に元々小柄な方や、乾燥肌の方は妊娠線ができやすく、注意が必要です。妊娠12週目頃からケアを始めると良いでしょう。

 

クリームやオイルなどを使った保湿ケアが重要です。

妊娠線ケア専用の商品のほうが、保湿力が高く、伸びも良いのでおすすめです。

 

ケアはお風呂上りに行うと良いでしょう。

 

血行が良くなり、水分が十分に補給された状態だからです。マッサージするように優しく塗っていきます。太ももや背中、お尻などもしっかりと塗ります。

 

塗りづらい部分は、鏡を見ながら塗ったり、旦那さんに手伝ってもらったりすると良いでしょう。保湿ケアは毎日行うことが重要です。もし妊娠線が出てしまっても、最小限に抑えるために継続してケアを行うことをおすすめします。

 

メイドバイマクリームは購入すべき?

 

メイドバイマクリームは購入先が公式サイトに限定されていることや、正中線という妊娠線とは微妙に異なる言葉を使っていることから、あまりなじみがないブランドですが、妊娠線ケアの専門クリームとして知る人ぞ知るといった存在になっています。

 

妊娠中、産後のメラニンケアもできるというクリームで、肌の保湿効果だけでなく美白効果も期待できます。しっとりと柔らかく肌を保護してくれますし、保湿効果も高いので安心して利用できます。

 

気になる正中線って何?

 

こちらのクリームは正中線予防という効果を宣伝しています。

 

正中線とは妊娠線とは違うもので、おなかの真ん中に出てくる1本の茶色い線を指しています。皮膚に凹凸がなく、触っても痛みやかゆみがあるわけではありません。ある日突然できて、産後は自然に消えます。

 

これに対して妊娠線は皮下脂肪が裂けてできるもので、でこぼこした感触があり、かゆみや痛みを感じることがあります。産後も残りやすく、こちらのケアに対してのクリームがたくさん販売されています。

 

正中線はホルモンバランスの変化のせいで、おなかにメラニン色素が集中することからできます。産後は自然と消えるのですが、早くケアしたいという方におすすめなのがこのメイドバイマクリームです。早くケアをしたほうが早く消えるとも言われており、マッサージクリームでのケアは新陳代謝の促進効果が高いといわれています。メイドバイマクリームは妊娠線予防ではありませんが、肌をきれいにするためのケアをしておきたいという方のための保湿クリームです。

 

正中線対策のナンバーワンクリームです。

 

妊娠線よりも茶色っぽく1本の線になっているため、毎日気になってしまうのが正中線です。

 

メイドバイマクリームはメラニンを抑制して、肌細胞の理想的なターンオーバーを正常化してくれます。トラネキサム酸とグリチルチリン酸2Kを配合しており、8種類の保湿成分で黒ずみをケアしてくれます。国内工場で製造されており、香料、着色料、鉱物油、パラベン、アルコール不使用なので安心して利用できます。

 

妊娠すると体のあちこちの黒ずみが気になるようになりますが、このクリーム1本で全身のケアができます。肌になじんですっと伸びるのでお風呂上がりのケアやマッサージが楽しくなります。

 

ママになってもきれいでいたい、スタイルが変わったと思われたくない、かわいい水着が着たいといった願いをかなえてくれるボディクリームです。妊娠中は肌が乾燥したり、ホルモンバランスが崩れることによって肌にダメージがある状態ですので、メラニン生成を抑制して水分をたっぷり補給することが重要になります。その点でメイドバイマクリームは最高のクリームです。