妊娠線の原因&対処法って?

妊娠線,原因,対処法

妊娠線の原因&対処法って?

妊娠線を完全に消すことは、残念ながら病院による手術であっても不可能とされています。

 

例え妊娠線のある箇所を切除したとしても切除後、縫い合わせた後は薄く残ると言われています。また美容外科による妊娠線治療は、保健適用外となりますので、高額になります。

 

しかし、効率的&効果的に消したい場合、病院や美容外科での治療が良いでしょう。

 

病院、美容外科による高額な治療費の支払いが難しい場合、セルフケアで妊娠線を改善していきましょう。

 

一度出来てしまうと完全には消えない妊娠線ですが産後にしっかりとケアをすれば薄く目立たなくすることは可能です。

 

特にいつまでも美しいお肌を維持したい方にとって、妊娠線は、嫌なものですので、産後のケアは必須です。

 

そこで今回は、妊娠線の改善に有効な産後ケア法についてご紹介したいと思います。

 

妊娠線の原因とは?

妊娠線は、体重増加だけが原因で引き起こされるわけではありません。

 

妊娠線の原因の一つにホルモンバランスの変化があります。

 

妊娠していない女性であっても排卵日から生理までの期間は、ホルモンバランスが変化して、お肌は乾燥しがちになると言われています。妊娠は、長期となりますので、非常に長い期間、ホルモンバランスが変化することとなります。その為、妊娠中のお肌の乾燥は避けられなくなります。結果、皮膚のターンオーバーが崩れてしまうことで、肌再生が上手く行えなくなって、妊娠線が出来るようになります。

 

また、くすみやニキビ、吹き出物などの肌トラブルも生じやすくなります。

 

お腹の中で可愛い赤ちゃんがスクスクと育っているという喜びは女性にとって、非常に大きな喜びですがいつまでも美しいお肌をキープしたい女性にとっては、妊娠線、肌トラブルが心配になる事もあるでしょう。体重増加による肉割れ(妊娠線)を気にして、食事量をセーブするなどしてしまう方もいるかもしれません。

 

しかし、赤ちゃんが正常に、健康に育って行く為にはそのような心配はなさらずにしっかりと妊娠中は赤ちゃんの事だけを考える必要があります。安心して、赤ちゃんを産む為の準備が行えるようにする為にも妊娠中から妊娠線ケアを行う事が大切です。

 

また一度出来てしまうと完全には消えない妊娠線だからこそ、妊娠中のケアが重要です。

 

葉酸が妊娠線を予防!

厚生労働省が妊娠中の葉酸摂取を積極的に呼びかけているのは、葉酸が母体の健康を保護する役割に優れているからです。

 

しかし、葉酸の効果は実はそれだけではありません。葉酸は、妊娠中に起こるお肌のトラブルを予防・改善する効果にも優れているのです。こうした効果が妊娠線の予防にもつながると言われています。

 

葉酸には造血作用がありますので、葉酸を摂取すれば、血行が良くなり、代謝がアップします。肌の細胞分裂も活発になる為、肌のターンオーバーが整えられていきます。

 

結果、妊娠中に生じやすい乾燥によるくすみやニキビ、吹き出物などの肌トラブルが生じにくくなり、また細胞分裂の速度が高まり、乾燥状態ではなくなることで、お腹が大きくなっても妊娠線が生じにくくなります。出来てしまったとしても最小限に抑えることが出来ます。

 

ですので、妊娠線で悩まない為にも妊娠中はしっかりと葉酸を摂取するようにしましょう。妊娠線を予防するポイントは、お肌の細胞分裂&お肌の柔軟性を取り戻す事です。このことをしっかりと理解した上で、妊娠線ケアを行いましょう。現在、葉酸が配合された妊娠線予防クリームも数多く販売されていますので、是非、利用してみましょう。

 

しかし、しっかりと効果を得るには、厚生労働省が推奨している葉酸サプリによる妊娠線ケアが良いでしょう。

 

⇒おすすめの葉酸サプリはこちら

 

 

関連ページ

妊娠線の原因を知ろう !
妊娠線の予防やできてしまった妊娠線ケアをする前にまずは妊娠線の原因について知りましょう!