高価な妊娠線予防クリームでなくても大丈夫?

高価な妊娠線予防クリームでなくても大丈夫?

妊娠するとお腹は段々と大きくなっていきます。赤ちゃんの成長を感じ、嬉しくなりますが妊娠線が出来てしまわないかと不安にも襲われるという方も多くいるのではないでしょうか?

 

一度出来れば二度とは消えない妊娠線は、とにかく作らないようにすることが重要。そこで妊娠線予防クリームが活躍するのですが安いものは、しっかり妊娠線を防げないのではないかと不安に思うことがありますよね。

 

そこで今回は、妊娠線予防クリームは、値段が高い方が効果的なのかについて、調べてみました。

 

妊娠線って?

妊娠線は、赤ちゃんが成長するに伴い、大きくなるお腹に皮膚の下にある真皮や皮下組織が対応しきれずに引っ張られて、コラーゲン繊維が破裂することで、引き起こされます。

 

お腹以外にもバストやヒップ、太腿、二の腕など脂肪がつきやすい場所であれば生じる場合があります。妊娠中の妊娠線は、内出血したような赤紫色のラインが生じることが多いですので、目立ちやすいと言えますが産後は、白っぽく変化し、薄く目立たなくなっていきます。

 

しかし、やはりそれでも妊娠線は完全には消えませんので、見た目を気にする女性であれば尚更、深刻なお悩みとなります。妊娠6か月頃なると妊娠線は出やすくなると言われていますが妊娠4ヶ月頃の早い時期から出てしまう場合もあります。

 

妊娠線予防はできるだけ早い時期にはじめる!

ですので、なるべく早い段階で、予防することがベストです。

 

妊娠前に妊娠線予防クリームを塗り込んでおくことも良いでしょう。妊娠前に妊娠線予防クリームで、お肌の奥まで潤いを届けて、しっかりと柔軟性に富んだお肌を作っておきましょう。

 

乾燥肌の人は、伸縮性が失われた皮膚となっている場合がありますので、妊娠してから妊娠線予防クリームで乾燥肌をケアしてもお腹の成長に間に合わなくなる可能性があります。また妊娠に気づくのが遅くなることがありますので、妊娠する前から潤いのある皮膚に整えておく事が大切です。

 

高価な妊娠線予防クリームが効果的?

高価な妊娠線予防クリームは効果が高いのではないかと購入する方も多くいるかと思いますが、あまりにも高価ですと勿体無いからと毎回、使う量をケチってしまったり、或いは週に2〜3回くらいしか使わなかったりする場合があります。

 

日々、大きくなるお腹ですから毎日、欠かさずたっぷり塗って予防する事が大切です。

 

コストパフォーマンスが悪ければどんなに効果的な成分が配合されていたとしても結局は、効果のないものとなってしまうのではないでしょうか。

 

ですので、妊娠線予防には、絶対、高価なクリームでなければいけない!ということはありません。また、オイルを使ってマッサージを行うと保湿効果は高くなると言われていますので、妊娠線は、必ずしもクリームでなくても大丈夫です。

 

皮膚の下にある真皮、皮下組織に潤いと柔軟性を持たせてあげれば、大きくなるお腹の成長に皮膚が上手く対応出来るようになります。

 

キャリアオイルがおすすめ!

そこでオススメなのがキャリアオイルを使った妊娠線ケアです。キャリアオイルには精油が入っていないので、お肌が敏感になりやすい妊婦さんでも安心安全に使えるのが魅力です。

 

アロマグッズを取り扱っている百貨店、雑貨店は数多くありますので、是非、アーモンドオイルやマカデミアナッツオイルなどご自分の好きなキャリアオイルをお腹に塗って、優しくマッサージしながらケアを行っていきましょう。

 

乾燥肌の方は、お肌が敏感になっている場合がありますので、低刺激でありながらお肌のバリア機能をしっかりと整えてくれるホホバオイルがオススメです。

 

精油でケアを行う場合は、妊娠6ヶ月以降からがベストです。またアロマセラピーの専門家とよく相談しながら行うと良いでしょう。それでも妊娠線が生じた場合、諦めず赤ちゃんを産んだ後も続けてケアしていくと良いでしょう。産後は、ラベンダー、フランキンセス、ネロリ、マンダリンなどの精油をプラスすると良いかと思います。

 

妊娠線予防には体重管理も重要なポイント

また、妊娠線を予防するには、急に太らないように食事管理をしっかりと行い、体重管理を徹底する事が大切です。急に太ってしまうとお腹の皮膚は、急激に伸ばされるということになりますので、注意しましょう。少しずつ、ゆっくりと体重を増やしていくように心がけましょう。

 

このように必ずしもお高いクリームでなくても毎日、しっかりとケアしていけば妊娠線は出来にくくなります。そして、体重管理をしっかりと行う事が大切です。

 

関連ページ

妊娠腺の鍵はターンオーバー?
できてしまった妊娠腺にはターンオーバーが大切なんです!
妊娠線予防は早い方がいい!?
かゆみがでたら危険信号?妊娠線は予防が大切です!妊娠線予防の方法をご紹介します!
なぜ経産婦は妊娠腺ができやすい!?
経産婦は妊娠腺ができる確率は80%以上!な〜んていう意見もあります。本当に経産婦は妊娠腺ができやすいのでしょうか?また、なぜできやすいのでしょう?
ぽっちゃりは妊娠腺ができやすいって本当?
ぽっちゃりは妊娠腺ができやすい?逆にぽっちゃりの方が妊娠腺ができづらいという噂もあります!真実を調査しました♪
妊娠腺の予防は普通のボディクリームじゃダメなの?
妊娠腺の予防は、妊娠腺クリームじゃないとダメなのでしょうか?普通のボディクリームじゃダメなの?
かゆみは妊娠線が出る前兆!?
かゆみがでてくると妊娠腺がでる前兆?妊娠腺予防は早めするべきです!
妊娠腺を消す方法はあるの?【できたら消えない!?】
妊娠腺は一度できたら消えない?妊娠腺を消す方法はあるのでしょうか?
正中線の消し方ってあるのでしょうか?
妊娠線ではなく、正中線の消し方ってあるのでしょうか?
妊娠腺!双子妊娠の場合は避けられない!?
双子を妊娠した場合は、2人分おなかが膨らみます。この場合妊娠腺ができてしまうのは避けられないのでしょうか?
妊娠線クリームにはどんな種類があるの?
妊娠線クリームは妊婦さんの必須アイテムです!妊娠線クリームにはどんな種類があるのでしょうか?
妊娠腺って産後にできるの?
妊娠腺はいつできるかご存知ですか?妊娠腺は、妊娠中にできるのでしょうか?それとも産後にできるのでしょうか?
妊娠腺クリームってお風呂上りが良いの?
妊娠腺クリームはいつ塗るのが効果的なのでしょう?やっぱりお風呂上りが一番良いのでしょうか?
1人目で妊娠腺ができなければ2人目も大丈夫?
1人目の時に妊娠腺ができなければ2人目の時も大丈夫なのでしょうか?お肌の性質って関係あるの?
産後におへそまわりが黒っぽく?何か解決方法はあるのでしょうか?
産後におへそまわりの様子が妊娠前と比べるとあまりに違うのでビックリする方は多いみたいです。おへそ周りの黒ずみの解決方法はあるのでしょうか?
妊娠腺を垢すりで擦ったらダメなの?
妊娠腺って垢すりで削り取りたくなりませんか?妊娠腺って垢すりで擦っても大丈夫なのでしょうか?
妊娠線クリームはお腹以外にも使って良いの?
妊娠線予防クリームはお腹専用?お腹以外に使っても効果あるのでしょうか?
妊娠線の原因&妊娠線にはオイルorクリーム、どっちがベスト?
一度出来てしまえば二度と元には戻らないと言われている妊娠線。だからこそ、妊娠線予防対策が大切と言われています。妊娠線予防には、オイルとクリームどっちがベストなのでしょう?
やばい!?妊娠線は消えない!?
一度できてしまった妊娠線は消えない?でもあきらめないで下さい!限りなく薄くすることはできます!できてしまった妊娠線のケア方法についてご紹介します!
初産に妊娠線が出来やすい理由って?
妊娠線ができやすい人やできにくい人がいるといことですが、初産の場合に妊娠線ができやすいというのは本当でしょうか?また、その理由って?
妊娠前に太れば、妊娠線は発症しない!?
妊娠線は、お腹の成長に皮下脂肪や真皮が対応出来ずに張り裂けてしまうことで、引き起こされる妊婦さん特有の症状です。妊娠線は一度出来てしまうと元に戻る事はないと言われている為、とにかく妊娠線が出来ないようにすることが重要です。 妊娠線予防クリームを妊娠線が気になる部分に塗り込む方法が一般的ですが妊婦さんの中には妊娠前に太って、皮膚を伸ばしておけば、妊娠線が生じにくいと考えて、妊娠前に太るという方もいるようです。果たして、この方法は、本当に有効なのでしょうか?