妊娠線の原因&妊娠線にはオイルorクリーム、どっちがベスト?

妊娠線の原因&妊娠線にはオイルorクリーム、どっちがベスト?

一度出来てしまえば二度と元には戻らないと言われている妊娠線。だからこそ、妊娠線予防対策が大切と言われています。

 

しかし、妊娠線を予防するには一体どうしたら良いのでしょうか?

 

妊娠線の予防方法には、おもにクリームとオイルがありますが、どちらを選ぶのがベストなのでしょう?

 

そこで今回は、妊娠線予防にクリームとオイルどちらが効果的かについて解説します!

 

柔軟性のある肌を維持することが大切!

胎児が成長して行けば、お腹が大きくなっていきますがその際、皮膚はお腹の膨らみに柔軟に対応することが出来なくなります。結果、真皮に裂け目が生じて、妊娠線が作られます。皮膚の奥にある真皮が裂ける原因にその部位の乾燥、柔軟性の欠如があります。

 

皮膚の下にある真皮だからこそ、一度裂けると元に戻りにくいのです。

 

ですので、妊娠線を防止する為には、真皮までしっかりと潤いを届けて、柔軟性のあるお肌を維持する事が重要となります。

 

そこで乾燥からお肌をしっかりと守ってくれるクリームやベビーオイルなどの保湿剤で、真皮が裂けてしまうのを予防することが大切です。保湿クリーム、オイルで、柔軟性のある真皮を維持する事が出来れば産後、妊娠線で深刻に悩む事は少なくなるでしょう。

 

皮膚の下の真皮が避けると赤い線状となって、お腹の表面に生じて来ます。これが妊娠線の初期症状です。人によっては痒みや軽度の痛みを伴う場合があります。妊娠線の初期症状を改善する為にもしっかりと保湿クリーム、オイル等でケアを行っていくことが大切です。

 

クリーム、オイルどっちがベスト?

妊娠線を予防・改善する方法として、クリームやオイルがありますが一体どちらを選んだら良いか分からないという人も多くいるかと思います。

 

基本的には、お肌の状態をじっくりと観察しながら使い分けていくことが良いでしょう。ですので、妊娠しましたらクリームとオイルの両方を用意しておいて下さいね。

 

クリーム、オイル、どちらが妊娠線の予防・改善に効果があるのかについて、どうしても考えてしまいますがどちらもそれぞれメリット・デメリットがあります。オイルは保湿効果に非常に優れていますが水分が少ないので、湿り気の補充が困難であること、匂いがキツイこと、ベタベタするのがデメリットです。

 

クリームはオイルに比べると保湿効果はそれ程、高くありません。しかし、ベタベタせず、塗り心地が良いのが魅力です。ですので、乾燥が激しい日は、オイル、それ以外はクリームなどとお肌の状態から判断して、上手に使用していくと良いでしょう。

 

お肌の状態によってはW使用も良いですがお肌が荒れてしまう恐れがありますので、クリーム、オイルはそれぞれ適量としましょう。もし塗りすぎた場合は、タオルやティッシュペーパーを軽く押し当てるようにして拭き取ってください。またお腹に使用しますので、赤ちゃんに影響が出ないように必ずパッチテストを行ってから使用してください。

 

クリームの場合、葉酸が配合された商品もありますので、是非、葉酸配合のクリームでケアを行うと良いでしょう。葉酸には細胞分裂を促す働きがありますので、葉酸配合のクリームを塗れば、お肌が柔軟になっていきます。特に合成葉酸タイプのクリームは、肌への浸透率が高いので、オススメです。

関連ページ

妊娠腺の鍵はターンオーバー?
できてしまった妊娠腺にはターンオーバーが大切なんです!
妊娠線予防は早い方がいい!?
かゆみがでたら危険信号?妊娠線は予防が大切です!妊娠線予防の方法をご紹介します!
なぜ経産婦は妊娠腺ができやすい!?
経産婦は妊娠腺ができる確率は80%以上!な〜んていう意見もあります。本当に経産婦は妊娠腺ができやすいのでしょうか?また、なぜできやすいのでしょう?
ぽっちゃりは妊娠腺ができやすいって本当?
ぽっちゃりは妊娠腺ができやすい?逆にぽっちゃりの方が妊娠腺ができづらいという噂もあります!真実を調査しました♪
妊娠腺の予防は普通のボディクリームじゃダメなの?
妊娠腺の予防は、妊娠腺クリームじゃないとダメなのでしょうか?普通のボディクリームじゃダメなの?
かゆみは妊娠線が出る前兆!?
かゆみがでてくると妊娠腺がでる前兆?妊娠腺予防は早めするべきです!
妊娠腺を消す方法はあるの?【できたら消えない!?】
妊娠腺は一度できたら消えない?妊娠腺を消す方法はあるのでしょうか?
正中線の消し方ってあるのでしょうか?
妊娠線ではなく、正中線の消し方ってあるのでしょうか?
妊娠腺!双子妊娠の場合は避けられない!?
双子を妊娠した場合は、2人分おなかが膨らみます。この場合妊娠腺ができてしまうのは避けられないのでしょうか?
妊娠線クリームにはどんな種類があるの?
妊娠線クリームは妊婦さんの必須アイテムです!妊娠線クリームにはどんな種類があるのでしょうか?
妊娠腺って産後にできるの?
妊娠腺はいつできるかご存知ですか?妊娠腺は、妊娠中にできるのでしょうか?それとも産後にできるのでしょうか?
妊娠腺クリームってお風呂上りが良いの?
妊娠腺クリームはいつ塗るのが効果的なのでしょう?やっぱりお風呂上りが一番良いのでしょうか?
1人目で妊娠腺ができなければ2人目も大丈夫?
1人目の時に妊娠腺ができなければ2人目の時も大丈夫なのでしょうか?お肌の性質って関係あるの?
産後におへそまわりが黒っぽく?何か解決方法はあるのでしょうか?
産後におへそまわりの様子が妊娠前と比べるとあまりに違うのでビックリする方は多いみたいです。おへそ周りの黒ずみの解決方法はあるのでしょうか?
妊娠腺を垢すりで擦ったらダメなの?
妊娠腺って垢すりで削り取りたくなりませんか?妊娠腺って垢すりで擦っても大丈夫なのでしょうか?
妊娠線クリームはお腹以外にも使って良いの?
妊娠線予防クリームはお腹専用?お腹以外に使っても効果あるのでしょうか?
やばい!?妊娠線は消えない!?
一度できてしまった妊娠線は消えない?でもあきらめないで下さい!限りなく薄くすることはできます!できてしまった妊娠線のケア方法についてご紹介します!
初産に妊娠線が出来やすい理由って?
妊娠線ができやすい人やできにくい人がいるといことですが、初産の場合に妊娠線ができやすいというのは本当でしょうか?また、その理由って?
高価な妊娠線予防クリームでなくても大丈夫?
妊娠するとお腹は段々と大きくなっていきます。赤ちゃんの成長を感じ、嬉しくなりますが妊娠線が出来てしまわないかと不安にも襲われるという方も多くいるのではないでしょうか?一度出来れば二度とは消えない妊娠線は、とにかく作らないようにすることが重要。そこで妊娠線予防クリームが活躍するのですが安いものは、しっかり妊娠線を防げないのではないかと不安に思うことがありますよね。そこで今回は、妊娠線予防クリームは、値段が高い方が効果的なのかについて、調べてみました。
妊娠前に太れば、妊娠線は発症しない!?
妊娠線は、お腹の成長に皮下脂肪や真皮が対応出来ずに張り裂けてしまうことで、引き起こされる妊婦さん特有の症状です。妊娠線は一度出来てしまうと元に戻る事はないと言われている為、とにかく妊娠線が出来ないようにすることが重要です。 妊娠線予防クリームを妊娠線が気になる部分に塗り込む方法が一般的ですが妊婦さんの中には妊娠前に太って、皮膚を伸ばしておけば、妊娠線が生じにくいと考えて、妊娠前に太るという方もいるようです。果たして、この方法は、本当に有効なのでしょうか?