妊娠線予防クリームは贅沢にたっぷり塗るのがポイント!

妊娠線予防クリーム,贅沢,たっぷり塗る

妊娠線予防クリームは贅沢にたっぷり塗るのがポイント!

妊娠線予防クリームは朝晩にたっぷり塗り込むように塗るのがいいですね。

 

そのため、市販の安価なボディクリームを塗って、その上に重ねて妊娠線予防クリームを塗るという方もいます。

 

自分なりに方法を考えてみるのもいいですね。

 

妊娠線予防クリームはたっぷりと!

 

あまりにも高価な妊娠線予防クリームを買ってしまうと、もったいないと少ししかつけなくて結局妊娠線ができてしまった。

これでは意味がありません。

 

価格が安いものにしてたっぷり使った方がかえって効果的です。

 

またボディローション、オイルなどと併用するのもおすすめです。
ローション、クリーム、オイルの順に塗っていけば浸透も良くなりますし、オイルを最後に塗ることで冷え予防にもなりますね。

 

たっぷり使えるポンプタイプを買っておけば足りなくなることもありません。
まとめ買いをしてコスパを抑えるのもいいですね。

 

どれくらい塗ったらいい?

 

できれば朝晩の2回は塗ることがおすすめです。

特に夏や冬はエアコンを使うのでいつも以上に乾燥しがちなので、しつこいくらい塗ってもいいくらいです。
特にお風呂あがりは念入りに塗り込んでおきましょう。

 

妊娠前から塗り始め、出産が終わってからも油断せずに塗り続けてください。
強くこすったりすると肌荒れしてしまうので優しくがコツです。

 

回数は特に決まっているわけではないのですが、かゆみを感じたら何回でも塗ってもらうくらいの気持ちでいいと思います。

 

どんなクリームがいい?

 

アロマオイルや香りの強いものは妊娠初期には避けましょう。
無香料のものを最初使い、つわりが落ち着いて来たら香りがあるものに切り替えてもいいかもしれません。

 

ニベアやオリーブオイルで節約したいという意見も数多くなりますが、いけないとはいいませんがこれらだけでは不十分です。
妊娠線予防クリームにオリーブオイルをプラスしてマッサージするなど、併用がおすすめですね。

 

 

そして重要なのは保湿だけにこだわらないことです。
クリームを塗るのももちろん大事なのですが、クリームを塗っても妊娠線ができることもあります。

 

こういったときにはできてしまった妊娠線を薄くするために、新陳代謝を活発にすることも忘れないでほしいところ。

 

体を冷やさない、温かい食べ物や肌荒れにいい食べ物、コラーゲンやビタミンCを摂取する、運動やストレッチをして太りすぎないようにするといったこともぜひ取り入れてください。

 

関連ページ

妊娠線予防クリームはボディクリームとしても有効!?
妊娠すると急激にホルモンバランスが変化します。妊娠初期は特に黄体ホルモンの分泌が多くなりますので、お肌が乾燥することが多くなります。お肌の乾燥を放置すると妊娠線がくっきりと出てくるようになりますので、注意しましょう。妊娠線予防クリームは、乾燥しやすい妊婦さんのお肌をしっかりと保護してくれる優秀なアイテムですが妊娠線予防クリームはボディクリームとしても使用出来るのでしょうか?
妊娠線を予防&妊娠線を一時的に解消する方法って?
妊娠線は、急激にお腹が大きくなることで、皮膚の下にある真皮や皮下組織がそれに対応しきれず皮膚が大きく伸ばされて、コラーゲン繊維が破裂してしまうことで起こります。妊娠線が出てしまった場合、見た目が気になるようになりますから好きなファッションを楽しめなくなったりすることも多くなります。 そこで今回は妊娠線を予防する方法&一時的に妊娠線を解消する方法についてご紹介したいと思います。
妊娠線予防クリームをお風呂上がり塗ったらお腹冷えない?
夏場は気にならないかもしれませんが、妊娠線予防クリームは冬にたくさん塗るとおなかが冷えるかもと思う方もいます。その場合はちょっとした工夫で冷えをふせぐことができますので実践してみましょう。
妊娠線予防クリームは贅沢にたっぷり塗るのがポイント!
妊娠線予防クリームは朝晩にたっぷり塗り込むように塗るのがいいですね。そのため、市販の安価なボディクリームを塗って、その上に重ねて妊娠線予防クリームを塗るという方もいます。自分なりに方法を考えてみるのもいいですね。