妊娠初期には、ベルタマザークリームが効果的に妊娠線を予防!?

妊娠初期,ベルタマザークリーム

妊娠初期には、ベルタマザークリームが効果的に妊娠線を予防!?

妊娠線を消してくれるとして、多くの女性に支持されている妊娠線クリームにベルタマザークリームがあります。

 

ベルタマザークリームは、妊娠初期に使用することで、効果的に妊娠線を防止してくれると言われていますがそれは一体なぜなのでしょうか?

 

そこで今回はベルタマザークリームについて詳しくご紹介したいと思います。

 

ベルタマザークリームってどんなもの?

ベルタマザークリームは、ベルタ酵素で知られるベルタが出産経験のある社員の声とベルタユーザーの声と共に開発された妊娠線予防・改善クリームです。

 

ヒアルロン酸の約2倍の保湿力を持つスーパーヒアルロン酸やプラセンタ、コラーゲンなど高い保湿力と高い浸透力でしっかりとお肌の奥まで潤いとハリを与えてくれます。

 

妊娠線だけではなく、妊娠中に起こりやすい乾燥によるくすみやしわ、吹き出物、ニキビなど様々な肌トラブルまで予防・改善してくれます。

 

しかも、初回購入であればたったの500円(送料無料)です!ネット注文で、いつでも簡単&気軽に入手することが出来ますので、つわりなどで体調が思わしくない妊婦さんにとっては非常に便利ですよね。

 

他にもベルタマザークリームには、細胞を活性化し、血行を良くして、お肌の新陳代謝を促す葉酸や活性酸素の発生を抑えて、細胞が老化するのを防いでくれるコエンザイムQ10などが配合されていますので、万全の妊娠線ケアを行う事ができます。

 

ベルタマザークリームは、ベタベタしないのも魅力で、毎日、気持ち良くお肌にたっぷりと塗り込めますし、塗った後、すぐに下着や洋服を着る事が出来るのも魅力です。伸びが良く、匂いは殆どありませんので、全身にお使いいただけます。

 

匂いがキツイものですと、毎日使用するのは躊躇いがちになりますが、ベルタマザークリームは柑橘系の香りがほんのりするだけですので匂いが苦手な方でも安心して使うことができると思います。

 

妊娠初期にベルタマザークリームが重要な理由とは?

なぜ、妊娠初期にベルタマザークリームが効果的になるのか?

 

その理由には妊娠線の原因が関係しています。

 

妊娠すると体重は急激に増加していきます。そして、お腹やバスト、ヒップ、太ももなどにたっぷりと皮下脂肪がついていきます。皮下脂肪は伸びが良くない為、元々お肌が乾燥している方は、お肌に柔軟性がありませんので、脂肪がつくと妊娠線が出来やすくなります。

 

ですので、体重が増加し始める妊娠初期に、ベルタマザークリームを脂肪がつきやすい箇所にしっかりと塗り込んで、お肌を乾燥させないことが大切となります。

 

やがて脂肪がついても柔軟性のあるお肌が維持されていれば、妊娠線は出来にくくなるでしょう。体重が増加してからベルタマザークリームを塗ってももちろん効果はありますが妊娠初期から塗っておいた方がよりしっかりと妊娠線予防が行えますのでオススメです。

 

ベルタマザークリームの使用方法は、クリームを適量、特に脂肪がつきやすいお腹、バスト、太もも、お尻などを優しくマッサージしながら塗り込むだけでOKです。
特に妊娠線が出来やすいお腹はしっかりと塗り込んで、マッサージしていきましょう。

 

ベルタマザークリームをもっと詳しく知りたい方はこちら

 

関連ページ

ベルタマザークリームは妊娠前に使っても大丈夫?
ベルタ妊娠腺クリーム改めベルタマザークリームは、妊娠していない時に使っても大丈夫なのでしょうか?
ベルタマザークリームは赤ちゃんの保湿クリームとしても使って良いの?
ベルタマザークリームは、お肌に優しいクリームですので、赤ちゃんの保湿クリームとしても使えるのでしょうか?