妊娠中にどうして葉酸サプリを飲まないといけないの?

妊娠中, 葉酸サプリ

妊娠中にどうして葉酸サプリを飲まないといけないの?

妊娠中は葉酸サプリが効果的と言われていますが、それは本当のことでしょうか、また、なぜそのように言われているのでしょうか。

 

もし、妊娠中に葉酸が不足するようなことがあると、どうなるのでしょうか。
また、逆に葉酸を摂取しすぎると、どうなるのでしょうか。

 

このように、葉酸に関しては、知られていないことが案外多いことに気づきます。

 

少なくとも妊娠中であることが分かった段階で、葉酸についての基礎知識を得る必要があります。

 

葉酸の基礎知識

 

葉酸は、水溶性ビタミンの一種で、ホウレンソウの葉から発見された物質であるため、このように呼ばれます。

 

葉酸は、1日に240 μgの摂取が推奨されていますが、上限量があり1日に1,000 μgとされます。妊娠時には、摂取推奨量が2倍程度にまで増えます。

 

葉酸は、緑黄色野菜や果物やレバーに多く含まれますが、熱や酸化によって壊れる物質ですので生食が望まれますが、レバーの生食だけは、食中毒の危険があり避けるべきです。

 

 

葉酸の欠乏は、様々な病気を引き起こす原因になり得ます。

 

例えば、貧血や免疫機能低下あるいは心臓疾患や消化器異常などです。
妊娠時にはさらに深刻で、神経管閉鎖障害が起こり死に至ることもあり、無脳児の発生リスクが高まります。

 

一方、葉酸の過剰は、発熱やじんましんや呼吸障害などを引き起こすことがあります。

 

また、特殊な場合のことですが、葉酸過剰は、がん治療薬の効果を低下させることがあります。

 

葉酸摂取は、上限値以下にとどめる必要があります。

 

葉酸サプリの賢い利用の仕方

 

既に述べましたように妊娠時には、葉酸の摂取量を2倍にしなければならないため、緑黄色野菜のサラダなどを2倍食べないといけないわけですが、妊娠したからと言って、急に2倍にすることは困難です。

 

また、妊娠時には、食べ物の好みも激変しますので、食事だけでの対処には無理が生じがちです。

 

そこで、葉酸サプリの出番となります。

 

葉酸サプリであれば、簡単に摂取量を増やすことができ、増やす量を自由にコントロールできます。

葉酸サプリが錠剤型をしているとして言えば、その1錠に含まれる葉酸量は、正確に分かっているわけです。

 

食事だけによって葉酸量の正確なコントロールは難しく、食材計量と栄養計算が必要になります。
しかも、葉酸には上限量がありますので、いい加減な計量や計算はできません。

 

このような煩雑な手間を考えれば、葉酸サプリがいかに便利であるかが理解できるでしょう。
妊娠時には、確実に葉酸の必要量が増えますので、正しく対処する必要がありますが、葉酸サプリはその要求に応えてくれます。

関連ページ

妊娠中も葉酸サプリは飲んだ方が良いの?
妊娠線予防クリームはいつから使うのが効果的なのでしょうか?妊娠腺予防クリームの使用時期やおすすめの妊娠腺予防クリームについてご紹介しています♪
妊娠中の葉酸サプリを選ぶポイントは?
健康な赤ちゃんを授かるには、母親の努力が不可欠になります。女性の胎内で育つ赤ちゃんは、女性を通して栄養摂取を行っているからです。母親の栄養状態が悪ければ、赤ちゃんの健康状態が悪化してしまう事もあります。だから妊娠中の女性は葉酸サプリを愛用しているのです。不足しがちな葉酸はサプリメントで効率的に摂取できます。需要の大きさから多くのメーカーが葉酸サプリの開発に力を入れており、適切な商品選びを行わなければなりません。以下は葉酸サプリを選ぶポイントについて解説しているものです。