PRIMOによる妊娠線ケアって良い?

PRIMO,妊娠線ケア

PRIMOによる妊娠線ケアって良い?

妊娠すると体重が増えていきます。体重が増えれば当然、皮下脂肪がつきますよね。

 

皮下脂肪は伸びにくいので、皮膚が裂けやすくなります。そして、妊娠線が生じるようになります。

 

元々皮下脂肪が多い方は妊娠後、更に皮下脂肪がつきやすくなりますので、妊娠線が出来やすくなる事がありますので注意しましょう。

 

妊娠線のない綺麗なお腹をキープするには、妊娠線対策を行う事が大切です。妊娠線対策に効果的な商品と言えば妊娠線クリームですね。

 

そこで今回は、その中でも超保湿クリームとして、人気の「PRIMO」という妊娠線クリームをご紹介したいと思います。

 

妊娠腺の予防に!

妊娠線に悩まされない為には妊娠中は、妊娠線が出来やすい部分にたっぷりと保湿をしてあげることが大切です。

 

PURIMO(プリモ)には以下の4つの成分が配合されています。

  1. ライマメ種子エキス
  2. 2つのペプチド
  3. ハナショウガエキス
  4. グロブラリアコルジボリアカルス培養エキス

 

ライマメ種子エキス
皮膚の下にある真皮などが裂けてしまうのを防いで、脂肪細胞が増殖するのを抑えてくれます。

 

2つのペプチド
破裂した皮膚の下にある真皮などの再生を促進してくれる働きがあります。

 

ハナショウガエキス
抗炎症作用、解毒作用などがあり、細胞の保護や修復に働き、また脂肪細胞を分解してくれます。

 

グロブラリアコルジボリアカシス培養エキス
脂肪細胞が炎症するのを防ぎ、細胞を保護し、炎症した細胞を解毒する働きがあります。

 

 

このようにPURIMO(プリモ)は、ダメージを受けやすい妊娠中のお肌を優しく保護して、ダメージを受けた場合、素早くお肌の再生を促してくれますので、妊娠中でも健やかで美しいお肌をキープすることが出来ます。

 

またPURIMO(プリモ)は、クリームの質感にこだわって、超保湿で作られていますので、よりしっかりと妊娠線を予防してくれます。継続して使用し続けると妊娠線対策は万全となるでしょう。

 

妊娠線を改善!

妊娠線は一度出来てしまうと完全に消すことは出来ないので、妊娠したらとにかく1日も欠かさずに保湿クリームを塗る事が重要なのですがうっかり塗り忘れて、気づいたら妊娠線が出来ていたということも少なくありません。

 

PURIMO(プリモ)は、妊娠線の予防だけではなく、妊娠線の改善にも効果が見込まれる妊娠線クリームです。どちらかと言いますと、こちらの方を押している感じはありますね!

 

超保湿とお肌を柔軟にしてくれる4つの成分の力で、産後、伸び切って、しわしわにたるんだお腹の皮膚を改善してくれます。またサロンでも使用されるダイエットに効果的な引き締め成分も配合されていますので、産後のダイエットにも役立ってくれます。更に妊娠線だけではなく、ダイエットによる肉割れ、ニキビ跡、傷痕などの様々な肌トラブルにも効いてくれますので、妊娠線ケアの為に使っていたけどいつの間にか全身のお肌が綺麗になったという方は多くいるそうですよ。

 

妊娠線はお腹だけじゃない!

妊娠線はお腹以外にもお尻やバスト、太もも、二の腕など脂肪がつきやすい部分であれば生じる場合がありますので、全身に塗る必要があるかもしれません。その場合、伸びが悪かったり、ベタベタし過ぎてしまうと毎日、塗るのがイヤになってしまうことがあります。

 

PURIMO(プリモ)のクリームは伸びがよく、ベタつかないので、毎日、気持ち良く塗る事が出来るのも魅力ですよ。少量でたっぷりと潤いますので、コスパも抜群!

 

また、癒されるアロマの香りとなっていますので、妊娠中・産後のストレスを緩和させながら妊娠線をケアすることが出来ますので、PURIMO(プリモ)は非常にオススメの妊娠線クリームです。

 

強めのニオイが苦手な方には不向きかもしれませんが、ニオイ好きな方には、結構ハマるニオイだと思います!

 

PRIMOの体験レビューも参考にして下さい