出産後お腹の皮がヨレヨレ・・・妊娠線ケアクリームで何とかなる?

出産後, お腹の皮がヨレヨレ

出産後お腹の皮がヨレヨレ・・・妊娠線ケアクリームで何とかなる?

女性にとって新しい命を生み出す出産は人生の中でも特に大きなイベントであり、好きな異性との間に生まれた子供は計り知れないほどの喜びがあるものです。

 

 

 

ただ喜びもつかの間冷静になると出産後のお腹を見て愕然としてしまうことも多いです。

 

そのおなかの状態というのがお腹の皮がヨレヨレになっていることであり、お腹の皮がヨレヨレはしっかりとケアをしないと妊娠線となって残ってしまうことになります。

 

そのケアの方法の一つとして妊娠線クリームを塗る方法があります。

 

そもそもお腹がヨレヨレになってしまうのはなぜ?

 

出産後にお腹を見ると皮膚がヨレヨレになってしまうのには、皮膚は外からの刺激から体を守るための水分と皮脂そしてケロイド以外にもコラーゲンといった粘着物質が網目状となって引っ付いています。

 

通常はコラーゲンといった粘着物質は常に作り変えられることによって状態を維持しているのですが、妊娠のように新しい命を宿し皮膚を限界以上に引っ張るようなことがあるとコラーゲンの網目も比例して広がってしまいます

 

そして新しい命を生み出す出産が終わると子供は外に出ておなかはへこんでいきますが、ただコラーゲンの網目だけは広がったままなのです。

 

この出産によってへこんでいくおなかの状態と広がったままのコラーゲンの回復速度に違いが生まれることによって、出産後の女性の悩みであるお腹の皮膚がヨレヨレとなって表れてしまうのです。

 

つまりコラーゲンの回復速度を出来るだけ早めることが出来れば元に戻ることを意味するので、そこで役に立つのが妊娠線クリームなのです。

 

コラーゲンの修復力を早めてくれる妊娠線クリームの力

 

妊娠線クリームの主成分には保湿成分のある乳液と数種類のビタミンやミネラルそして液状のコラーゲンが含まれています。

 

実はコラーゲン自体は人間の体で作られている成分であり、仮にお腹がヨレヨレであったとしても時間がたてばコラーゲンの生成によって元に戻ることはあります。

 

ただ胎児が予定よりも大きかったり、コラーゲンの生成が落ち始めている高齢出産が影響するとお腹のヨレヨレが簡単には治らないことが多いのです。

 

 

そこで妊娠線クリームに含まれている液状のコラーゲンを皮膚から吸収することによって、自身で作り出すコラーゲンの不足分を補い修復速度を上げてくれます

 

さらに保湿成分のある乳液によって水分と皮脂が保護され、さらにビタミンやミネラルの効果によって皮膚の代謝速度が上がり新しい細胞を作り直す力を促進します。

 

これらの効果を持つ妊娠線クリームを上手く使っていくことによって、出産後の悩みであるお腹の皮膚のヨレヨレを早い形で修復することができます。

 

出産後, お腹の皮がヨレヨレ

妊娠線クリームの体験レビューはこちら

 

関連ページ

妊娠線を薄くするにはクリームが必須!
妊娠線を薄くする方法は色々ありますが、私のおすすめは、妊娠線クリームを使うことです♪一番早く一番確実に対策できる方法です♪