どうしてつわりって起こるの?においに敏感になる理由は?

つわり,原因,におい

どうしてつわりって起こるの?においに敏感になる理由は?

妊娠した事がわかった時、新たな命の芽生えに喜びをかみしめている方も多いと思います。

 

妊婦さんって幸せな雰囲気が漂っていて、かわいい赤ちゃんの誕生を心待ちにして穏やかに過ごす…そんなイメージがありますよね。

 

ですが実際の妊娠生活は不安な事が多いのも事実です。
その代表格といえばつわりですね。

 

つわりと言っても症状も人それぞれ、また周りの方から聞いた話と違うこともあると思います。

 

原因は何なのか、またなぜあんなににおいに敏感になるのでしょうか。

 

つわりってどうして起こるの?

 

まったくつわりを体験しなかったという方もいれば、重いつわりの症状で入院を余儀なくされた方もいらっしゃるほど、人それぞれですね。

 

つわりの時期も妊娠初期から安定期まで経験される方が多いのですが、安定期を過ぎても臨月までつわりに苦しむ方もいらっしゃいます。

 

実は妊娠期に苦しむ方も多いこのつわりという現象、原因ははっきりと解明されていないのですが、次の事が考えられます。

 

まずはホルモンバランスの崩れによるもの、という考えがあります。
妊娠すると子宮から分泌されるホルモンの一つであるHCGホルモンが急増します。

 

また女性ホルモンの黄体ホルモンも増加します。
これらのホルモンの分泌量が増加するため、体調の変化が引き起こされると考えられます。

 

次に精神的な事も関わっていると考えられます

 

妊娠時期は幸せな反面、妊婦さんにとっては不安を感じられる場合も多いものです。
ホルモンバランスが変化する事によって自律神経に作用する事もあります。

 

においに敏感になる理由は?

 

妊娠すると女性ホルモンの分泌が増加するのですが、それに伴って嗅覚が敏感になると考えられています。
においに敏感になるのは危険や有害な物から身を守るためとも考えられています。

 

つわりの時期に苦手になるにおいとして、代表格なのがご飯の炊けるにおいなどの食べ物系のにおいがあります。

 

普段の生活なら、良いにおいと感じるのですが、妊娠がわかった途端に受け付けなくなる方もいます。
ひどい方ですと食品を多く扱うスーパーマーケットには近寄れないという方もいらっしゃいます。

 

また洗剤や、消臭剤、香料などの人工的なにおいに敏感になる方も多いです。

 

他にはたばこや排水溝、汗や洗濯物の生乾きのにおいなど、日頃から不快と感じるにおいには特に苦手と感じる様になる傾向があります。

 

苦手なにおいは妊娠時期を過ごすと少しずつわかってくるので、なるべくそのにおいをさける様行動したり、周囲の方にも配慮してもらうとつらさも軽減されると思います。

 

終わりがなく長く感じられるつわりの時期ですが、赤ちゃんが育っている事をはげみにして乗り切っていきたいですね。

関連ページ

つわりのピークはいつから?いつまで続くの!
つわりと一口に言ってもその症状や期間は人それぞれです。全く感じないと言う人もいれば、妊娠期間中ずっとつわりが続く人もいます。つわりはいつから始まるのでしょうか。一般的にはだいたい妊娠が確認される4~5週目あたりにむかむかが始まり、9~10週目にピークを迎え、11~13週で落ち着いてくると言われています。ほとんどの人は長くても2ヶ月ほどの計算です。ずっと続くわけではないとわかってはいてもつらいのがつわりです。少しでも軽く済ませる方法はないものでしょうか。
つわり中におすすめの食べ物をご紹介!
ほとんどの妊婦さんが体験するのがつわりです。だいたい4週目頃から始まって、12週目あたりには落ち着いてくると言われています。でも中には出産間際までひどいつわりに苦しむ人や水も飲めなくなってしまう人もいます。妊娠初期はまだ赤ちゃんは小さいので、無理をしてたくさん食べる必要はありません。つわり中は匂いにも敏感になるので、料理をするのも一苦労です。母体が健康であるために、つわり中でも手軽に食べられるおすすめの食べ物をご紹介します。